忍者ブログ

■米国発ミリタリーウオッチ■        MTM Special Ops日本公式ブログ

■米国発MIL規格準拠のミリタリー腕時計MTMスペシャルオプスウオッチの公式ブログです。管理人の徒然日記ですが、新しい情報などもアップしてきたいと思ってます。屈託のないご意見なども、お寄せいただけますと有り難いです。■
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

06280734 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :06/28/07:34

10161743 ☆メンテナンスのお話☆

こんにちは!
すっかり過ごしやすい陽気になってきました。
アクティビティーの秋。MTMの活躍の場も続々ってとこでしょうか!?

さてさて、メンテナンスのお話を少々。
本MTM製品も、ミリタリーウォッチとは言え、やはり時計です。
本日は、時計の大敵とも言える、「水」と「埃」の影響です。

腕時計全般に言えることは、基本「水」「埃」は避けるべきなのです。ダイバーズウォッチ以外、基本的には水場での使用は前提にしていないと言っても、過言ではありません。でも、MTMのような腕時計の場合、そういった状況下でも、使用される場合はあるでしょう。

そこで、最低限必要な知識として、まず、絶対に竜頭の閉め具合を確認してください!しらぬしらぬ間に、ゆるみが生じていて、ほんの少々の水が徐々に内部に浸透し、錆などを生じさせる場合があります。ステンレスは錆びませんが、内部の心棒や、モジュールにはステンレス以外のパーツが使われています。一度錆が生じますと、他の不具合に繋がる場合もありますし、気をつけてください!また、細かい埃が時計に蓄積され、その埃を伝わって水気が内部に進入することもあります。

使用状況により、刻一刻と、時計の性能にも変化が生じます。例えば100メートル防水ってありますよね?実は、これって100メートル潜水できる、って意味ではないのです。時計が静止した状態で、100メートルの圧力をかけ、浸水するかしないか、をテストするのですね。ここで、よく誤った解釈がされてしまうことがあるのですが、100メートル防水=100メートル潜水できる性能となり、水場でもハードな誤使用がもとで、不具合が生じてしまうことがあります。実際、蛇口の水道水、シャワー、水泳、波の力、などなど、日常生活の一般動作が加わるだけで、その何十倍もの水圧がかかるのです。それで、時計内部に浸水してしまうことが、ほんとうに多いです。

皆様も、くれぐれも気をつけてくださいね。

拍手[0回]

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+