忍者ブログ

■米国発ミリタリーウオッチ■        MTM Special Ops日本公式ブログ

■米国発MIL規格準拠のミリタリー腕時計MTMスペシャルオプスウオッチの公式ブログです。管理人の徒然日記ですが、新しい情報などもアップしてきたいと思ってます。屈託のないご意見なども、お寄せいただけますと有り難いです。■
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

06260224 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :06/26/02:24

07081228 【MTM】MTM with ボディーガード

先日ちょっとお話した民間ボディーガード会社「エイギス」。MTMを縁に知り合ったAEGISのCEO阿久津 良樹氏のちょっとしたご紹介を。
080604_1644~01.JPG









現在「エイギス」では、政治家や大企業の社長、重役などの社会的地位の高い人の警護を中心に大物芸能人、海外アーティストなどのセレブリティーを対象とした、クオリティーの高い身辺警護ビジネスを展開されています具体的に伺ってみたのですが、詳しい内容は職業柄明かせないとのことそりゃそうっすよねまた、世相を反映して、ストーカー対策の講習会なども手がけるなど、様々な方面で活躍中です
エイギスHP http://zerorangecombat.com/

阿久津氏と一緒に先の「本気買い!」で登場されてた野中氏も、現役のボディーガードでエイギスのCOO。
080604_1651~03.JPG









お二人でここまで一緒に歩まれてきたそうです。この業界を志したのは、「純粋に正義感から」という、生粋の熱い方々ですそういう生き方も格好いいなと、畑違いですが思ってしまいました

最近でも高度な軍事訓練をイスラエルで受けてきたそうで、毎日朝5時~夜7時までという超過酷な訓練らしいっす具体的な訓練内容は秘匿、ということでしたが相当ハードな内容であることには違いないようです

現状の中東諸国とイスラエルの関係、そこに関わるアメリカの関係。様々な国民性が生み出すテロリズムなど、かなりディープなお話を・・・阿久津氏、野中氏のお話は、評論家でないリアルな世界に裏付けされたコメントは迫力がありますよ。

もちろん、MTMだけでなく、時計のお話もいろいろお聞きすることができました。氏らの意見は製品作りに参考になります。
080604_1652~03.JPG









そのあたりのお話は、また後日・・・。

拍手[0回]

PR

11291903 百戦錬磨の男

worn-by-DANNY1.jpg米国陸軍退役大佐
ダニー・マクナイト
公式サイト http://www.dannymcknight.com/photos.htm

皆様、「ブラックホークダウン」という映画ご存知ですか?
随分前の映画なのですが、わたし偶然にもレンタルビデオをはまっているころ、見たことがありました。

「We gotta blak hawk down.We gottta black hawk down......」あの撃墜された戦闘ヘリブラックホークが墜落する際、他の機のパイロットが発したコメントが妙に頭に残ってます。

1993 年アフリカのソマリアで起きたブラックシーの戦いで、鎮圧を目的に米軍の特殊部隊「レンジャー」が投入されて、作戦中敵兵の攻撃で一機のブラックホークが撃墜されてしまったのです。それが映画「ブラックホークダウン」の題材にもなった悲劇です。

当時、救出作戦に向かったレンジャー部隊ユニフォーム64の指揮官であったマクナイト大佐(車両部隊指揮官)は、困難を極めた救出作戦を実行し多くの命を救い、その後も特殊部隊の指揮官として、世界中に派遣されました。マクナイト大佐は、現在でも退役軍人の大佐として軍関係、政府機関、企業などの危機管理アドバイザーをつとめており、多くの軍人にリスペクトされています。いわゆるヒーローってやつですね。

氏もMTMブラックホークを愛用しており、彼を慕う現役特殊部隊員にもMTM愛用者が多いと聞いています。やはり本物というか、顔に自信、苦しみ、様々な経験をしてきた大人の男の表情ですね。

10.jpg格好いいすね。見てください、胸の勲章の数。

拍手[0回]

08201318 ☆究極のアウトドア仕様・・・だからこそ!?☆

まだまだ残暑が厳しいですが、
皆様如何お過ごしでしょうか?

私もお盆休みをいただきリフレッシュして参りました。
毎年恒例の長野キャンプなのですが、高原野菜で有名な川上村に
位置し、真夏でも朝晩は肌寒く感じるほどの気候です。

隣接する千曲川では鮎などが釣れ、フライやとも釣りで皆さん
釣りを楽しんだりしています。今回は私のMTMも同行したのですが、
実はそのキャンプ場、電灯がほとんどないのです。サイトには皆無
と言っても過言でありません。そのお陰で夜中は、満天の星空を
眺めることができるのですが、やはりちょっとした移動には不便します。
生理現象などもありますし(笑)。そんなとき、ちこっとMTMのライト
で足元を照らしてみましたが・・・いやー充分使えてます!便利です!
流石、ミリタリー仕様。コンセプト通りトーチライト代わりになる
のですねー。侮れません、スペシャルOPS(笑)。

究極のアウトドア仕様ですからね。
これは夜釣りなどにも充分使えると思います。

皆様はどのような使い方をされていますか?
よろしければお聞かせください。

拍手[0回]