忍者ブログ

■米国発ミリタリーウオッチ■        MTM Special Ops日本公式ブログ

■米国発MIL規格準拠のミリタリー腕時計MTMスペシャルオプスウオッチの公式ブログです。管理人の徒然日記ですが、新しい情報などもアップしてきたいと思ってます。屈託のないご意見なども、お寄せいただけますと有り難いです。■
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

11231421 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :11/23/14:21

09211258 先日

香港で開催された、時計展示会に行ってきました。
毎年スイスで行われる「バーゼルウォッチショウ」と並んで大規模な展示会で、もちろんアジア最大だ。

ただ、性格は大きく異なっていて、「バーゼル」が世界的著名ブランドのお披露目会だとすると、「香港」の展示会は製造現場主義の展示会。つまり台所がたくさん並んでいるようなイメージです。

弊社では、MTM以外にも自社製品などを製造販売しているので、「バーゼル」のみならず、「香港」も重要なポジションを占めている。

MTM社も、分社化をして、MTM製品以外の販売も行っているので、今回の香港では久しぶりにMTM社代表に会うことができた。

カリフォルニア、それもロサンジェルスの男らしく、フランクで暖かい男だ。気候がそうさせるのか、カリフォルニアの男たちは、皆独特のまったり感を醸し出している(笑)。うらやましい。

ただ、こと仕事となると、非常に繊細な顔を覗かせる。ご存知の方も多いかと思うが、アメリカ人にプランを説明する際、「数字」を織り込みながらのプレゼンが必要となる。そうしないと説得力が生まれない。日本の市況、展開手法、今後の展望を、数字を織り込みながら論理的に話を進めなければならないので、神経を使う。

ただ、納得した場合の決断は非常に早い。これがアメリカの強さか?

少々話が逸れたが、MTM社の今後のプランもいろいろ聞くことができたので、また機会を見てお話させていただきたいと思う。

ただ、間違いないのは、「MTMは独自路線をゆく。他社の動向はまったく考えていない」ということ。頼もしい限りだ。それでなければ、MTMでない。



拍手[0回]

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+