忍者ブログ

■米国発ミリタリーウオッチ■        MTM Special Ops日本公式ブログ

■米国発MIL規格準拠のミリタリー腕時計MTMスペシャルオプスウオッチの公式ブログです。管理人の徒然日記ですが、新しい情報などもアップしてきたいと思ってます。屈託のないご意見なども、お寄せいただけますと有り難いです。■
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

06240718 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :06/24/07:18

02151218 【MTM】T25

MTMミリタリーオプス ウォリアーのお話。
L7040006.JPG







MTM以外の製品でもよくあることなのですが、不定期ですが製品にアップデートが行われることがあります。製品化した後も、製品というのは進化してゆきます。

トリチウムガスチューブを搭載したウォリアーは、ホーク系モデルと並んでMTMの人気モデルのひとつですが、今回ウォリアーにアップデートがありました。

アップデート後受けた印象は、少しすっきりしたかなぁ~と。これはケース、バンドの作りこみをアップデートしたことにより、よりエッジの効いた仕上げになった印象です。それと、文字盤上に「T25」表記がほどこされました。これは印象を変えませんが。

基本的にはこの辺りかな?

ただ、ここでよく誤解があるのですが、T25表記がされていないトリチウムウォッチは日本で販売できないの??という点です。

答えは:NO。まったく問題ありません。

弊社もこのモデルを導入時、核放射物質の監督官庁である文部科学省に問い合わせを行いましたが、そのとき応対した担当者は「はぁ??そんなの聞いた事あ~りません。T25を表記しないと??日本にはそんな法律はありません。あくまでも、メーカーが日本の基準をクリアしてる証明ができるのであれば、そんなT25というマークを腕時計の文字盤に表記する必要なんてあ~りません」。とのことでした(笑)。

噂ほどあてにならんものはないなぁ~と、業界の人間ながら当時思いましたね。

ではなぜここでMTMがT25表記をしたのか??

答えは:謎です(笑)。MTMにも確認しましたが、特に意味はないとのことです。

ですので、MTMの製品に限っては、T25表記無、有問わず、その製品をご使用いただくのに法律的な問題は全くございませんので、ど~ぞ、ご安心くださいませ!!

拍手[0回]

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+