忍者ブログ

■米国発ミリタリーウオッチ■        MTM Special Ops日本公式ブログ

■米国発MIL規格準拠のミリタリー腕時計MTMスペシャルオプスウオッチの公式ブログです。管理人の徒然日記ですが、新しい情報などもアップしてきたいと思ってます。屈託のないご意見なども、お寄せいただけますと有り難いです。■
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

12150934 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :12/15/09:34

10171248 時計メーカーとしてのプライド

200710171228000.jpgよくある書類ですが・・・。
これ、何かお分かりになりますか??

いつも入荷する商品に添付されてくるのですが、実はこれ、MTMウォッチの時計裏蓋に刻印されている、世界に一点のみ存在する各シリアルナンバーのリストです。

本国MTM社では、どこの代理店に、どのナンバーが分配されているか、すべて一元管理しているのです。

なかなか出来そうで、出来る業ではありません。ロレックスなどは、管理していますけれど、一般的にはここまではやりたくてもやれないのが実情です。

我々にしてみると、並行輸入の商品が日本へ流出してきた際、時計本体のシリアルナンバーを確認することで、どこの他国代理店から出荷されているか、一発で調べることができます。悪質な代理店の管理にも、このシリアルナンバーは有効です。

それに、模造品対策にもなります。同じ番号は世界でひとつしか存在しませんし。

ただ、悪いことはできませんよ(笑)他ブランドの時計で実際あった話ですが、ある個人宅で時計や貴金属が窃盗にあいました。ちょっと間の抜けた犯人は、その後修理に出したのですね。その際、時計のシリアルナンバーから御用になってしまったのです・・・。盗難にあった際、持ち主がシリアルナンバーを警察に届けていたので、その番号の商品の修理依頼がメーカーにあった際は、通報されるように既に手はずを整えていたのです(笑)。

悪いことはできません。

ちょっと余談が長くなりましたが、やっぱりシリアルナンバーは、その時計を所有している誇りにもなりますよね。一度、お手持ちのシリアルナンバーをご覧になって、いろいろと思いを馳せてみてください。

拍手[0回]

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+